top of page
P7061937dd_hp8-min.png

Statements

かすかな気配から空間、感覚への広がりを試みた表現の探究として、ガラスを素材に繊細な造形の制作を続けています。それはガラスの脆さと透明性が想起させる儚さの中に、いきいきとした緊張感を見いだしているからです。

制作活動を通して、手仕事だからこその繊細さとそこに立ち現れる静寂や儚さといった日本の美意識に迫りたいと考えています。その表現は音楽におけるピアニッシモのように、見るものの感覚を研ぎ澄まし、光や空間をより深く認識できるのではないでしょうか。

素材として扱うガラスは繊細な表現を探究するのにとても魅力的です。溶かすとやわらかく薄く伸ばせること、細かい形状から滑らかに繋げられること、それは透過することで景色を纏いながらもシャープな光をみせてくれるのです。そのようにして制作した作品は、周囲の環境に溶け込んでかすかな気配と静寂を生み、緊張感から儚さと躍動感をもたらし、さらに光や空間と調和しながら広がっていく。

​ゆきあかり

I continue to create delicate sculpture in glass as an exploration of expression that attempt to expand from a faint presence to space and sensation. This is because I find a lively tension in the fragility and transparency of glass, which is evoked by the transience.

 

In my practice I’m trying to reconsider the Japanese aesthetic senses, such as the delicacy of handmade work and the tranquility and transience that emerge from it. I suspect that my expression, like pianissimo in music, will sharpen the viewer's senses and allow for a deeper perception of light and space.

 

Glass as a material is very attractive for exploring delicate expression. When melted, glass can be stretched softly and thinly, smoothly connected from fine shapes, and it shows a sharp light while reflecting a landscape through it. My works created in this way blend into their surroundings to create a faint presence and tranquility, bringing a sense of transience and lively from the tension, and then spreading out in harmony with the light and space.

Yukiakari 

News

・2024/7/12 (fri) ~ 8/3 (sat)

   個展「Pianissimo」を開催いたします

  DiEGO表参道/ 東京

・2024/7/3 (wed) ~ 7/14 (sun)

 グループ展「A & A Ⅱ」に出品いたします

  Gallery TK2 / 東京

・2024/5/15 (wed) ~ 5/20 (mon)

 「GINZA ART FESTA」に出品させていただく予定です

  松屋銀座 8階イベントスクエア / 東京

終了しました

Works

bottom of page